家電生活.com

本当におすすめ出来る家電を紹介!

加湿器付き空気清浄機のすゝめ

      2016/12/03

空気清浄機に加湿って必要?
そもそも加湿器自体今まで使ってないから別に要らなくね?
こんなお話ちょくちょく見かけました。

そんな時は加湿機能無しはこちらですねー、と元店員は案内をしていましたが、ここでははっきりと申し上げます。

加湿機能は絶対にあったほうが良い、と。

 

加湿の効果

例えば、石油ストーブ・ガスファンヒーターといった暖房器具を使っている場合は重要性は1段下がります。
なぜならそれらは燃焼時に水分を発生する為、自然と湿度が上がるからです。

 

しかし、エアコンや電気ストーブなどを使うと部屋はすぐに乾燥します。

冬場は湿度が40~50%を下回るとインフルエンザウィルスが長時間生存する為、感染予防の為にも50%以上を維持するのが望ましいです。

また、目の乾き、お肌のカサつきも当然防いでくれます。
風邪っぽい時は喉のイガイガを防ぐ効果もありますね。

今まで加湿器を使っていないのならば結構な効果を発揮します。

 

加湿空気清浄機というのは本来なら加湿器と空気清浄機それぞれ必要だったものを、1台で効率良くまとめてくれる素晴らしいアイテムです。

 

加湿空気清浄機の選び方

加湿器付き空気清浄機を選ぶ場合、1つ注意が必要です。

ほとんどの空気清浄機の仕様はこんな風↓に書かれていると思います。

空気清浄適用床面積 ~23畳(38㎡)
加湿適用床面積 プレハブ洋室 ~15畳(23㎡)
木造和室 ~7.5畳(14㎡)

このうち適用床面積はおおむね1/3で考えれば大丈夫です、この例の場合は8畳ほどでしょうか。

 

一方で、加湿は和室、洋室で大きく変わります。
これは気密性の問題ですね、密閉空間であれば湿度はより保たれます。
ちなみに、プレハブ洋室というのは石膏ボードに壁紙貼った普通の洋室と考えて大丈夫です。

 

もしも部屋のサイズよりも加湿適用床面積が小さい場合、湿度を維持出来ない可能性が高いです。
そして維持出来ないということは当たり前ですが、上げる事も出来ない訳で…。
結果として加湿機能が役立たずになります、なので適用床面積に加えて

必ず部屋の畳数より加湿適用床面積が大きいもの

を選んで下さい。

 

加湿空気清浄機のお手入れとは?

加湿空気清浄機はとても便利なのですが、欠点もあります

それは機構が増えた分手入れの手間はそこそこ増えたという事です。

 

まず第一に、ほとんどの機種は1ヶ月に1回加湿フィルターの清掃が必要です。

シャープ加湿フィルター

これはシャープの内部構造ですが、基本的には各社似たような構造です。

給水タンクから下の給水トレーに一定量の水が常に補充される。

加湿フィルターがそれを吸い上げる。

加湿フィルターに風を当てて気化させる。

つまり、常に水に触れている以上どうしてもカビや雑菌が繁殖してしまいます。

 

なので基本的には1ヶ月に1回、この加湿機能部分を取り出して洗います。

加湿フィルターは漬け置き洗いですが、パナソニックは押し洗いが出来るので楽ですね。

最近ではトレー自体を抗菌加工したり、除菌効果のあるイオンを当てる事でカビを防ぐ、または掃除自体を簡単にするといった手間を減らす工夫を各社凝らしていますので、以前よりはかなり楽になりました。

しかし、掃除をせずに放っておくと悪臭を撒き散らすハメになるので、定期的な掃除はしっかりと行って下さい。

 

 

手入れの手間は確かに増えます、しかし繰り返しになりますが

加湿機能はあったほうが良いです。

この手入れについては加湿空気清浄機を選ぶ上で重要なポイントになってくるので、主要3社で更に詳しく比較をしてみました。

よろしければそちらもどうぞ。

【空気清浄機】シャープ・パナソニック・ダイキン比較、予算別おすすめはコレ!

広告

広告

 - 空気清浄機, 選び方など豆知識 ,